2021.9.2 失敗の取り扱い

プレジデントオンラインの記事に

失敗経験の「受け入れ方」で人間の格がわかる失敗経験の「受け入れ方」で人間の格がわかる(2015年12月21日(月))

というのがありました。

まあ失敗から学ぶことの方が多いですから、失敗を生かすためにも記事に書かれてあるようなことをすればいいと私も思います。

ただ、この記事はいささか大切なところが抜け落ちているように感じるんですよね。

それは、こころのダメージについて一切考慮していないんですよ。

思考を変えればダメージは受けなくなる、という考え方なのでしょうが、こころのダメージって、そう簡単に取れるわけではありません!と思ってしまうんですよね。

もちろん、ダメージを受けても、すぐに立ち直れる人もいます。

心理学講座「成功のための自己分析(こころの成功を手に入れよう〜7〜)」以降を読んでいただければそのあたりは書いてありますので、読んでいただければと思います。

このお話からしても、仕事上心のダメージによって業務がおろそかになっては困りますし、その意味では心のダメージを考慮しないというのも理解できるのですが、メンタルヘルス的にいえば、そのダメージをいかに緩和、吸収して、立ち直れるだけの力を回復してあげられるかというのも、ものすごく大切なのではないかな、という気がしています。

なんかここ最近、矛盾ばかりを感じているようです。

自分の中で折り合いが付けることができればいいんですけどねぇ。

こんなところが頑固なんですよねぇ。

こういう時は、寝るに限ります。

朝起きてからまた考えます。

たぶん起きたら忘れてますけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です