2021.10.12 リアリストとロマンチスト

ある夕暮れのことです。

暗くなった西の空を、ふと見上げた瞬間、流れ星を見ました。

かなりはっきりと、大きめの流れ星でした。

これだけ大きくて、はっきりとした流れ星を見たのは、初めてかもしれません。

いいもの見れたなぁ

と思いながら家路についたわけです。

で、翌日。

昨日よりも少し明るい夕暮れに、同じ西の空を見ていたんです。

夕焼けに染まる空に、何やら光る細長いものが。

なんだろう

と思って目を凝らしてみると、少し離れたところに、もう一つ全く同じ光るものがあるじゃあないですか!

いやいや、まさかねぇ・・・。

と思いながらも、そうだったら面白いよなぁ、とか考えていました。

実際には、なんらかの気象による現象なんだと思います。

でも、それで片付けてしまうと、面白くない。

全面的に信じるつもりもありませんが、やっぱ浪漫があったほうが楽しいじゃないですか。

流れ星を見て、ロマンチックな気分になったり、空に光る二つの物体を見て、まさかと思いを馳せてみたり。

そういった遊びごころって、なくしたくないものだと私は感じるんですよね。

リアリストとロマンチスト

私は自分のことをリアリストだと思っていますが、同時にロマンチストとも思っています。

だって、どちらか一方って、つまらないじゃないですか(笑)

一つの物事を見ても、リアリストとしての視点と、ロマンチストとしての視点と、二つの視点でものが見れるわけですよ。

2倍楽しめるわけです。

一粒で2度おいしい

なんてキャッチコピーが昔ありましたが、せっかくなんだから、やっぱ楽しまないとねぇ。

で、ただ楽しむだけじゃなくて、別の角度から見ることで、より理解が深まったりもしますからねぇ。

自分で書いていて、ほんとに自分って変わり者だなぁ、としみじみ感じました(笑)

皆さんは、自分のことをリアリストだと思いますか?

それとも、ロマンチストだと思いますか?

もしかして、私と一緒・・・ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です