2020.6.29 心理学講座 リーダーシップと試練(リーダシップへの道17)

リーダーシップにはお試しがあります。

それは、問題をクリアしたら「本当にクリアできたかどうか」お試しがやってくるわけです。

一種の期末試験のようなものですね。

リーダーシップのプロセスは、今まで生きてきた人生の一つの「集大成」でもあります。

また、人生の中でやり残した事があれば、リーダーシップのプロセス内でちゃんとやらされるわけです。

人生の中で、与えられている課題は人それぞれですが、その課題は天寿を全うするまでにやりきる事をプロセスは求めてきます。

リーダーシップのプロセスは「やり残したこと」をきちんとする「追試」の機会でもあるわけです。

リーダーシップは、自分が生きてきた、人生の積み重ねそのものが、とても重要です。

ですので、経験はしているのに、その経験を正しく理解していない、解釈を間違えている、見ない振りをしている、気がついていないなど、やり残している者があれば、今後のプロセスに必要な順番に、やり残しをやらされていくわけです。

しかも、一度終わったからといって気を抜いてはいけません。

すっかり忘れた頃に、抜き打ちテストがあったります。

ただ、何度失敗しても、一度クリアする経験さえ積む事ができれば、合格ですから、何度でもチャレンジすることができます。

言い換えれば、クリアしない限り人生何度でも同じ問題をひたすら繰り返す、という事になりますね。

怖いですねぇ。

浮気を繰り返す男

暴力を振るう夫や彼氏

ダメ男にばかり捕まってしまう女性

借金ばかり作る人

同じ間違いや過ちを、何回も繰り返してしまう人

こういう人は、もしかしたら一つの課題をずっと繰り返しているのかもしれませんね。

そして、リーダーシップ最大の試練は!

次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です