2020.12.16 気がつかないって、幸せ?

以前東京に住んでいた時の話です。

ある雨の日の出来事です。

電車に乗って、座って雑誌を読んでおりました。

そしたら、目の前に立っている若人が、折りたたみ傘をたたみ始めたんです。

気にせず雑誌を読んでいたのですが、ふと目を上げたその瞬間

前からしぶきがドバっと飛んできたんです。

力任せに傘をたたもうとして、傘についていた水滴が飛び散ったわけです。

私も雑誌もびしょびしょ。

で、当の若人はというと、まだ傘に集中して、ごそごそしているわけです。

ヘッドホンをしているので、周りの状況なんか何も入ってこないんでしょうね。

当然、私に水滴を飛ばしたことも知らず、謝られることもなく、若人は電車を降りていきました。

で、ふと二つのことを考えたんです。

一つは、この人は幸せだよなぁ、って。

自分がしたことに気が付かないわけですから、罪悪感も持たないし、謝ることもない。

気が付かないって、悪い意味で無敵なんだなぁ、と感じましたね。

もう一つは、ちょっとひねったお話。

こんな人をパートナーに選んだら、女性はどんな人生になるんだろう?

たぶん、普通の人生なんでしょうけどね(笑)

気が付かないことというのは、当然本人は気が付いていませんので、覚えてもいなければ、わかることすらないわけです。

私だって、気が付いてないことで、他人に迷惑をかけたり、他人を傷つけたりしているでしょうし、それは誰にだってあることなわけです。

自覚していることだけが、自分がしたことではない。

自覚していないことでも、自分がしていることはいっぱいあるわけです。

それは悪いことばかりではなく、いいことでもたくさんあります。

私自身、自覚なしにしていることで、あとですごく感謝されたりすることがありますからね。

自分が自覚なしに何をしているのか。

自分が自覚なしに何をしてきたのか。

その答えは、今自分の周りにいる人たちを見てみることです。

周りにいる人が、笑顔にあふれていたり、幸せに包まれている人たちばかりだとしたら、それが自分が周りにしてきたことでもあるわけです。

みんなが自分に優しかったりするのもそうです。

そうでない場合、それは気づきと反省を促されているのかもしれませんね。

私は、この若人の行動によって、このコラムが書けているわけですから、感謝ですな(笑)

人のふり見てわがふり直せ

きょうはそんなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です