独りになりたいとき

独りになりたいときって、あるものです。

たとえば、24時間ずっと誰かといなくてはいけないという状況になった時、皆さんはどれくらい耐えられるでしょう?

それが大切な相手でも、大好きな相手でも、独りになれる時間が全くないというのは、さすがに疲れますよね。

例えば、小さな子供を持つお母さんなどは、それこそ四六時中子供にかかわり続けますから、なかなか自分の時間が取れなくなってしまったりします。

そんな中で、友達や家族がいろいろと協力してくれて、わずかでも自分の時間を持つことができたら、この時間はこころの安定にはとても大切な時間になるけです。

自分の時間を惜しみなく、相手に与える。

これも一つの愛の形ですよね。

ですが、自己価値が低い人や、自分でやらなきゃ、と抱え込みやすい人、自分が嫌いな人などは、自分が与えられる愛情に限界があると思っているわけです。

実際には愛情の限界ではなく、精神力の限界かもしれませんけどね。

で、どんどん精神的に孤立していって、周りに頼る人が誰もいないと感じていき、つながりが感じられなくなり、より心が孤立してしまい、自分自身を追い込んでいく。

悪循環にはまってしまうんですよね。

抜け出す方法は、誰かの協力を得ること。

言い換えれば、ほんの少し「自分独りの時間」が持てたり、「自分のしたいことができる時間」が持てることが、重要でもあるわけです。

ときには、「何もしない時間」が必要なときもあります。

そのためにも、周りの人の協力って不可欠なんですよ。

ところが、大概カウンセリングを利用されるお母さんは、周りの協力が得られないか得にくい環境にあるわけです。

自分を助けてくれる環境

その場所に、自分をちゃんとおいてあげられるかどうか。

また周りの人が、自分が助ける環境になれるかどうか。

これが大切なのでしょうね。

独りで抱え込まず、独りでやろうとせず、みんなの力を借りる、みんなの助けを借りる。

何度も言っていることですが、独りでできることなんてたかが知れているんです。

みんなの力を合わせて、物事はうまくいく。

それは、子育てでも同じこと。

しっかりと、誰かの助けを借りてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です