感謝の気持ちを忘れない

離婚した夫婦の8割がやらなかったこと

という記事がありました。

で、それは一体何かというと、結婚記念日を祝う、というものでした。

私のところも、毎年結婚記念日は祝ってたんですけどねぇ。

離婚した夫婦の、やってた2割に入っちゃったんですよねぇ(笑)

今でもよく言われるのが「よりは戻さないんですか?」という言葉。

まあ今でも月一で会って、食事したりしますからねぇ。

それでも、お互いもう一度、という気持ちはありませんねぇ。

よき理解者であり、よき朋友ではありますけどね。

結局、赤の他人ではあるのですが、心理的には家族なわけです。

でも、パートナーではない。

お互いに今までの事に感謝してますからね。

まあこんな感じですね。

周りからは非常に不思議がられるわけですが、おそらく理解されにくいだろうなぁ、と私も感じております。

ま、人との関係性なんて、いろいろあるわけですからね。

私の学生時代の友人なんかは、離婚してもずっと同居していたりしていましたからね。

そのあたりは、自分の常識や、一般常識が当てはまらないこともままあるわけです。

だから、パートナーシップって面白いともいえるわけですけどね。

パートナーシップに「これ」という答えなんてない。

10組のカップルがいれば、10通りのやり方があるわけです。

ほんと、パートナーシップって、子育てとよく似ていますよ。

子どもを育てることと、夫婦の関係を育てていくのと、同じですからね。

だから、問題が生じたとき、自分と向き合い、自分を顧みることで、問題をクリアするヒントを得ることができるわけですよね。

問題を解決するヒントは、自分の心の中に隠れている。

問題があっても、当の本人が問題と感じられないのは、周りの人がフォローしてくれているおかげです。

ちゃんと周りの人に感謝の気持ちを表現しないと、そのうち見限られますから、気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です