「気づく」ことについて

カウンセリングでは、よく「気づき」についての話をします。

では、気づくことって、そんなに大切なことなのでしょうか?

答えは、すごく大切なことなんですよ。

今回は、そのことについてお話しいたします。

例えば、あなたが宿題のレポートを英語で作成したとします。

そして、提出したレポートについて「やり直し」と先生に言われて戻ってきてしまいました。

しかし、どこが間違っているのかがわからない場合、どう修正していいかわからないですよね。

なので、まず間違い箇所を探します。

間違いを見つけることができれば、レポートを書き直して再提出することができるわけです。

しかし、もし間違いを見つけることができなかったり、「自分のレポートに間違いはない!」なんて思ってしまった場合、どうなるでしょうか?

当然、レポートの間違いを見つけることをしませんから、間違いを修正することはできませんよね。

また、間違いを探すのではなく、間違っていたというその事実だけを受け入れてしまうと、レポートそのものを破棄してしまう可能性だってあるわけです。

これを心に置き換えると、

自分の間違いを認めないと、「自分は間違っていない、相手が間違っているんだ」と、自分のやり方を変えずに、相手のやり方を変えようとします。

また、間違いを見つけることなく、間違っていたことだけを受け入れてしまうと、間違いがある自分自身を嫌ってしまいます。

気づくとは、「そこを見つけ、修正することで現状を大きく変えることができる」ポイントなんです。

カウンセリングのプロセスの8割が「気づきのためのプロセス」と言われるくらい、気づくことは重要です。

そこに誤りがある

そこにミスがある

それを見つけるだけで、自分を劇的に変える可能性があるわけですからね。

気づくことの大切さを、大切にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です