TVチャンピオン 撮影裏話 Classic 第5話(おまけコラム付)

TVチャンピオン 撮影裏話Classic 第5話

2006年2月に放送された

「TVチャンピオン 晩婚・少子化解決!?スペシャル!ダメ独身男モテさせ王選手権」

あのころのブログを引っ張り出し、今回加筆・修正を加えた再編集版「テレビ撮影裏話」をお送りしたいと思います。

私のことを一番よく知ってもらうには、やはりTVチャンピオンは外せません。

ですので、当時を振り返ったコメントを見ながら、私の人となりを想像していただければと思います。

意味のわからないところもたくさんありますが、映像を見れたら(どこで見れるんだよ)意味がわかってきますので、それはそれでお楽しみに。

テレビ撮影裏話~その6~ 撮影8日目

撮影8日目に入りました。


明日は決勝ラウンドの撮影です。



つまり、もう今日しか日がありません!!!



ということで、今までいろんなことをしてきた総まとめとして、モデルさんが作ってきたデートコースで、デートしてもらうことになりました。



ところが・・・



この段階で、放送が2週にわたるという噂があったので、2週分とってたみたいなんですよ。


ですので、テレビ局の関係で、追加撮影になったんですよ。
もう予定はぐちゃぐちゃで、最終日なのに仕上げをする時間がありません!!!



さらに、ここに来て大問題が!!!



モデルさんの最大の問題が、土壇場で吹き出てきたんですよね。
もうどうしていいやら、本当に困りました。


もう注意する時間も、修正する時間もありません!!!



どうしましょう。゛(ノ><)ノ



このまま明日の本番です。


正直、これで優勝できたら奇跡としか言い様がないくらい、最悪の状態での撮影終了でした。



いったいどうなることやら・・・( ̄  ̄ )ノ”⌒* 

 おまけコラム

神戸の友人と話をしていて、神戸弁の話になったんです。

私は神戸を離れてもう16年になりますから、実は神戸弁がよくわからなくなってしまってます。

で、神戸弁の一覧を見たら、そこには聞きなれた言葉がたくさんあるわけです。

その中には「これも神戸弁だったのか!」という泥気もありm咲いた。

友人は生粋の神戸っ子ですから、これらの言葉を、さも当たり前のように使ってます。

よくよく考えてみると、普段使っている方言に、大阪や京都でも使っている方言と、神戸でしか使われていない方言とあるんですね。

「いわはる」とか「きはる」とか、「~しはる」というのは、大阪でも京都でも使うわけです。

でも「~しとぉ」という方言は、神戸だけだったりするわけです。

カウンセリングでは、極力標準語でしゃべるように意識してきた私ですが、やっぱり方言はちょくちょく出てきます。

そのあたりは、クライアントさんたちのほうが、よくわかっているでしょうね。

今年は随分と神戸とご縁があるとしなので、私の神戸弁も、普通に聞けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です