2022.8.18 優しいお姉ちゃん

隔離生活を送っている最中に、随分とお姉ちゃんが心配してくれましてねぇ。

お姉ちゃん的には、わたしが重大な病気にかかっていると思っているみたいですね。

まだ病気になる前なんですけど(笑)

で、ある日帰宅したら、わたしにプレゼントをくれるということで、お姉ちゃんからもらったのが、氷囊でした。

手のひらサイズのかわいらしい氷囊。

早く良くなるようにって思いながら、一生懸命作ってくれたんでしょうねぇ。

今はまだわたしが感染したかどうかグレーな状態ですから、なかなか遊べませんしね。

その代わりに入らなくなったデジカメをあげたり、図鑑を取り寄せたりして夏休みを満喫してもらっているんですけどね。

本当なら遊びに行っているはずなんですけどねぇ。

ますます大変なことになってますよ。

ということで、次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です