2021.8.6 缶コーヒー

先日のことです。

高さ40センチ程度のテーブルに、未開封の缶コーヒーをおいていたんです。

まあそんなところに置くと、つい落としてしまうのが私と言いましょうか。

ごたぶんに漏れず、缶コーヒーを落としてしまったんです。

当然、未開封ですから、中身が漏れることはないわけですが、ふと見ると、絨毯にみるみるコーヒーがあふれでてくるではありませんか!

びっくりして缶コーヒーを拾い上げると、なんと真横に穴がぱっくり空いているではありませんか!

あわててティッシュで絨毯を拭き取り、他に濡れていそうなところを探して拭いたんです。

数日後、ふと暖房機をみたら、なにやら模様がついているんですよ。

しかも、全体に。

なんだろうと思ってよく見たら、なんとコーヒーでした。

落ちて穴が空いたときに、飛び散っていたんですねぇ。

ここまで被害が広がっているとは露知らず、しっかりと雑巾がけをしました。

で、これで話が終わりではないんですよねぇ。

久しぶりに外出するので、タブレットを持って出掛けたんです。

そしたら、やけにタブレットの反応が悪いわけですよ。

あれ、おかしいなぁ、と思ってよく見てみたら、画面になにやら斑点が!

そうです、この前のコーヒーは、タブレットも直撃していたんです。

壊れなかっただけまし、といったところでしょうか。

パソコンのような電子機器って、電気さえ通っていなければ、水洗いしてもきちんと乾燥させれば壊れないんですよね。

ところが、ジュースやコーヒーなど、糖質が入っていると、乾いたときに糖分が絶縁体になってしまい、動かなくなってしまうわけです。

携帯電話なども、水没しても、すぐに電池を取り外せば、乾燥させて復活する可能性は高いんですよね。

昔、レーザーディスクプレーヤーにバナナジュースをこぼして、ものの見事に壊したことがあります。

修理に7万円かかりました(泣)

今回は運がよかった、というところでしょうか。

まあ、缶コーヒーに穴があく時点で、運がいいとは言えないかもしれませんけどね。

ま、たいした被害がなくてよかったです。

以上、ある日の出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です