2021.8.18 たまにだがよくあること

ここ最近ですが、昔とある団体に所属していた頃のクライアントさんから、連絡をもらうようになりました。

まあ以前いた団体は、あっという間にやめてしまったので、私がやめた事を知らない人も結構いたんですよねぇ。

で、今年に入って、私の名前でなにげに検索をかけてみたら、ヒットしたので連絡した、との事でした。

そのクライアントさんは、まあ10年くらいカウンセリングをしていたんですよね。

で、私がやめてすぐにご結婚されたそうで、結婚の報告をしようと連絡を入れたら、「やめた」と言われてショックを受けたそうです。

いやあ、大変申し訳なく思います。

でも、こうしてまたご連絡をいただけて、遅まきながらも結婚の報告をいただけるのは、カウンセラー冥利につきます。

また、別のクライアントさんからは、4年間他のカウンセラーと話をしても、何も変わらなかったのに、中原さんのカウンセリングを受けたら、いろんな事が動き出した、みたいな事をおっしゃってくださいました。

過大評価をすれば、まあ私の実力と言う事になります。

過小評価すれば、私の表現がクライアントさんにマッチした、といえるでしょうね。

まあどちらでもいいわけですよ。

正直、カウンセラーが誰でもいいと私は思います。

大切な事は、クライアントさんが幸せになること。

これだけなんですよね。

これだけで、私は充分なんです。

元々、私は欲を持ってしまうとうまくいかないですから、カウンセラーとして活動しているときは、できる限り、必要のない雑念は取り払うようにしております。

まあ、商売っけを持たないようにしているわけです。

それでも、最低限の事はしないと、続ける事ができないですからね。

以前とある方が、こういっていました。

「中原さんは、決してもうける事はできないんですよね」
この段階で、私は大笑いです。
「でも、中原さんの存在によって、助けられたと感じる、救われる人たちはたくさんいると思うんですよね。」
以前にも同じ事別の人にいわれたよなぁ。
「だから、中原さんは、どこかに所属して何かをするよりも、お金にはならないけど、もっと社会に貢献するような、そんな仕事がいいと思います。」

実は、あれから毎日のようにいわれております(笑)

ここに来て、今まで自分がしてきた事の、一つの結果をいただいたような気分です。

さてさて、この結果を踏まえて、次のプロセスに行くとしますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です