2021.6.3 幻のデビュー

まだ東京に住んでいた頃のお話です。

とうとう、花粉症デビューいたしました。

たぶんですけど(笑)

まあ突然でしたが、きっかけはちゃんとありました。

きっかけになった出来事は、さすがにちょっと言えないんですよ。

言うと、(会社が傾くくらい)大問題に発展してしまう可能性がありますから。

で、そのきっかけの日から一週間の間、まずはせきが止まらず、鼻水がずるずると出始め、くしゃみが止まらない。

頭も鈍痛がする。おなかもいたい。

目は、たまに涙が出る程度で、特に問題なし。

最初は風邪か?と思ったのですが、その割に体は動くわけです。

まあ、いまだに風邪の可能性もあるんですけどね。

私は子供時代、野生児みたいな生活でしたから、大量の花粉や光化学スモッグが舞っている中、平気で遊び倒しておりましたので、花粉症になるならとっくになっているだろうと思ってたんです。

ところが、そのきっかけに出会うまで、全くその兆候はなし。

多少ハウスダストや化学薬品にアレルギーはあったんですけどね。

いやあ、なかなかにたいへんですなぁ。

病院に行けば、花粉症だとはっきりわかるのでしょうが、いかんせん行く暇がなかったりしたのでね。

で、後日さすがにつらいという感じになってきまして、病院に行ってきたんです。

で、診察の結果、お医者さんのひとことは

「風邪ですねぇ。」

でした。

花粉症デビューは幻となったわけです。

熱もしっかりとありました(笑)

更に

「12月、1月と同じ風邪に、今回もかかってますねぇ。」

結局、花粉症デビューは幻となりました。

実は、お医者さんの話はまだありました。

「しかし、毎回同じ鼻を悪くしてますね。12月も、1月も、3月も鼻ですからねぇ。

解剖学的に何かあるのかもしれないねぇ、あなたの鼻は。」

解剖学的っ!

診察中に大爆笑してしまいましたよ(笑)

ま、花粉症にはならなかったですが、

解剖学的に何かありそうな私

ということがわかった一日でした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です