2021.3.21 心理学講座 情報伝達の難しさ

話をしたことが、相手に正しく伝わらない。

そんなことって、よくありますよね。

心理学講座「話し手と聞き手の心理学」でお話したことがありますが、情報伝達がうまくいかない時って、話し手と聞き手両方に問題があるケースが多いわけです。

ま、聞き手に問題があることのほうが圧倒的に多いんですけどね。

こういうとき、話し手はどう対応すればいいのか。

聞き手にわかりやすく説明する。

わからない人間はほっておいて、わかっている人間にのみ伝える。

伝えても大丈夫な状態になるまで黙っておく。

などなど、色々な対応方法があるわけです。

例えば、予定ですがと前置きして話をした事が、背びれや尾ひれがついて、全く違う話として周りに伝わってしまう。

ま、こんなことってよくありますよね。

では、こうならないようにするにはどうしたらいいのか。

物事が正式決定するまで、誰にも話さない。

うわさ話を無視する。

きちんと文書にしてその都度開示する。

などなど、これもいろいろなやり方があるわけです。

情報が変質する事って、よくあるわけですよ。

都市伝説なんて、その典型ですからね。

本当のことなんてどこにもなくて、ただただ噂に尾ひれや背びれがついて、まことしやかにささやかれて、気がついたら都市伝説になってしまう。

迷惑を被るのは、地元の人たちや、まじめに作業をしている人たち。

でも、情報を開示しないと、結果として噂はより広まりやすくなる。

情報の伝達方法をきちんと整理することが大切なわけですが、それにしても、情報を開示しない目的って、なんでしょうね。

情報を開示しない事で、自分が利益を得る。

情報を開示しない事で、自分が損をしないようにする。

情報を開示しない事で、混乱を避ける。

情報を開示して、変更になったときに変更を伝えるのが面倒。

まあ人それぞれに考え方はあるわけです。

情報を開示する私としては、開示しないのが一番のストレス。

開示しない理由はわかるんですけどね。

噂は噂として、自分自身がきちんと情報を開示していけば、噂を消す事はできるわけですね。

情報を開示しない最大の利点は、変更があったときに修正の連絡をしなくていいわけです。

また、情報を開示していない分だけ、噂はあくまで噂だけになりますからね。

開示しないデメリットは、皆を不安にさせてしまいます。

どこに支点を置くかで、その捉え方は変わるわけです。

いい悪いという物差しではないんですよね。

皆さんは、情報は開示してほしいほうでしょうか?

それとも、開示しないほうがいいほうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です