2021.3.13 ことわざから学ぶ

塵も積もれば山となる

ということわざがありますが、前日カウンセリングをしていて、こんなことを考えたんです。

そのクライアントさんは「~したつもり」というのが口癖の方で、1時間で10回近く「やったつもり」「できたつもり」など、何度も何度も「つもり」という言葉を使うわけです。

で、冒頭のことわざ「塵も積もれば山となる」が浮かんできまして。

「つもり」積もって山となる

なんてことを考えたんですよね。

~したつもり

というのは、実際にしたわけではなく、自分ではしたと思っているだけのことで、できたかどうかまでの確認はしていないわけです。

なぜなら「した」と断言していないわけですからね。

で、「つもり」という言葉を使うときって、大概が自分が思っていた通りの結果にならなかったときや、自分に何らかの非があるかもしれない時、やったかどうか思い出せなかったり、自信がなかったりしたときなんかのときに使いますよね。

「つもり」が積もっていくと、結果どうなるのか。

まあ間違いなく自分が望んだ結果は得られなくなるわけです。

たとえば、運動したつもりになっても、体重が減るわけではありませんからね。

結果、その付けを払わされることになるわけです。

「つもり」積もるとつけになる

いやぁ、自分で考えてみて、いやなことわざだなぁ、と思っちゃいました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です