2021.2.5 そんなこともあったなぁ

2018年の頃のお話です。

沖縄からの帰りの飛行機に乗り、途中でタブレットの電源が切れてしまったので、そのまま寝てたんです。

羽田空港に近づいて、着陸態勢に入ったとたん、斜め前の席にいた赤ちゃんがぐずりだしたんですよ。

ぐずる赤ちゃんを何とかあやそうとする若いお母さん。

で、赤ちゃんと何度か目が合ったので、私はずっと百面相をしていたんです。

そしたら赤ちゃんの機嫌がよくなりましてねぇ。

私としては、単なる暇つぶしだったんですが、赤ちゃんが笑ってくれるならまあそれはそれでうれしいので、着陸するまで20分近く、百面相してました。

両隣に座っていた人たち、私の見て変なやつだと思ったでしょうねぇ。

で、飛行機が無事到着して、降りようとしていたときに、若いお母さんから「ありがとうございます」というお言葉をいただきました。

聞けばまだ生後6ヶ月だとか。

この子が大きくなったとき、生後6ヶ月のとき、飛行機に乗った記憶なんて、覚えてないんだろうなぁ、なんて思いながら、到着ゲートへと向かっていきました。

で!

大変なことはこれから起こります。

最寄り駅に着いたときは、もう夜10時でした。

さてさて、夕食どうしようか、とか考えながら家路についたわけですが、電車から降りて傘をさしたとたん、傘が壊れました。

ま、これはまだ前フリですよ。

玄関にたどり着き、ポケットを探しても、家のかぎがみつあkらない。

ああ、手荷物検査場でポケットから出したんだっけ。

かばんの中を探ってみます。

ありません。

この時点で、もしやという不安がよぎります。

今度は雨の中、かばんの中身を全部出してみます。

やっぱりない。

あちゃぁ

手荷物検査場に忘れてきちゃったんだ。

つまり、私の家の鍵は那覇空港にあるわけです(笑)

さあ、どうしましょう。

当然鍵がないと家には入れませんから、ほうほうは二つだけ。

大家さんをたたき起こす。

いや、これはまずいだろう。

今大家さん検査入院してるらしいし。

だとしたら、残った方法はひとつだけ。

元嫁に連絡して、鍵を持ってきてもらうことにしました。

連絡が付かなかった場合、ファミレスで一夜を明かすかねぇ。

そこまで覚悟して、とりあえず元嫁の返信を待ちます。

20分後

無事返信があり、元嫁が鍵を持ってきてくれることになりました。

結局、夕食はマクド。

持ってきてくれた元嫁に、自分用に勝ってきたサーターアンダギーとシークァーサージュースを進呈し、無事家の中に入ることができました。

いやぁ、さすがに今回は慌てましたね。

旅行時は、家の鍵の扱いに気をつけよう

心にそう誓った瞬間でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2021.2.4 男飯

次の記事

2021.2.5 私の癖