2021.11.7 心理的エクササイズ〜自分をしっかりと保つ

よく「周りの人に振り回されてしまう」と感じてしまうことはありませんか?


このように感じているとき、もしかしたら自分自身を見失っているときかもしれません。


例えば「私が悪いのかしら?」と考えてみたり「きっとそうに違いない」とか「誰かが悪いんだ」と言っていたり、自己中心的な考え方しかできなくなっているとき、こんなときは、自分を見失っているかもしれません。


このような状態にある時、「自分が何をどうしたいのか」とか「周りが何をどう感じているのか」が全くわからなくなります。


こうなってしまっては、コミュニケーションはとれなくなってしまいますし、傷つけられていることも傷つけていることも、わからなくなってしまうんですよね。

自分を見失わずに、しっかりと自分自身を保ち続けるために、自分と向き合っていきましょうね。

自分と向き合っていくためには、自分自身の感情を素直に受け入れていきます。


例えそれがネガティブな感情であったとしても、その感情があることを認めていくんです。


例えば、「私が悪いのかしら?」と思っていたら、それは心のどこかで「自分が悪い」と思っているわけです。


しかし、自分が悪いことが受け入れられないときは、「自分が悪い」ということが認められないかもしれませんね。


まず、「自分が悪いと思っている」ことを認めてあげた上で、「本当に自分が悪いのかどうか」の検証をしてみてください。


ほぼ9割以上の確率で、実は悪くないことがわかりますからね。

自分を見失わずにしっかりと自分が見えていれば、真実は必ず見えてきます。


慌てず、落ち着いてやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です