2021.1.27 聴いてくれることの大切さ

だいぶ前に見たDVDで知った話なのですが、タレントの大泉洋さんは、実家に住んでいたころ、その日一日あったことを、全部母親に話していたそうです。

今日はこんなことがあった、あんなことがあった。

実は、私もそうなんです。

以前神戸帰省で気がついた事なのですが、その日あった事をきちんと親に話している自分がいるんですよね。

もちろん、個人のプライバシーに関する事は、いっさい話さずにね。

で、この「親に話す」という行為、かなり小さい頃からしているんですよね。

多分小学生の頃から。

記憶にないだけで、幼稚園のときもしていたかもしれません。

で、親はちゃんと聞いてくれるわけですよ。

特に意見をいうわけでもなく、ね。

そう考えたら、私の親って、カウンセリングスキル高いなぁ、と、今更ながら感心するわけです。

まあ私の家は普通の家庭とはちょっと違っていましたから、話す事と聞く事は、すごく重要だったのかもしれませんけどね。

特別な事ではない、ちょっとした小さなコミュニケーションの積み重ねが、実は一番子供のためだったりするかもしれない。

実家で久しぶりにまともにテレビを見たのですが、その中でも、子供に英才教育をしている親の話があったんです。

で、どんなことをしていたのかというと、まずいろんなことをゲーム形式にして、子供を楽しみませながら学んでいくという事でした。

その中で私が注目したのが、親も一緒に楽しむ事、でした。

この「一緒に楽しむ」というコミュニケーションが、子供にはいい影響になっていくのでしょうね。

いつも私は話をしている「楽しむ事の大切さ」。

こんなところで、ちゃんと実証されていたんですねぇ。

もしかしたら、カウンセリングも、私自身がいつも「楽しい」と感じているから、クライアントさん達がその楽しさに乗せられて、成長していくのかもしれませんね。

小さなコミュニケーション

塵も積もれば山となる

まさにそのことわざどおり、なかなかに侮れないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です