2020.9.5 心理学講座 ハートブレイクについて

ハートブレイク

皆さんはこの言葉を聞いて、なにをイメージするでしょう。

失恋?

そう考える人は多いと思います。

もちろん失恋もあるのですが、カウンセリングでこの言葉を使うとき、私は以下のように定義しています。

ハートが壊れてしまうくらい衝撃的な出来事。

それは失恋もそうですし、大切な人やペットを亡くしたり、小さいものだと財布を落としたり、ちょっとしたミスをしたり、叱られたりしても、ハートブレイクは怒るわけです。

ハートブレイクは、大きく二つに分けられます。

一つは、未来への継続性がなくなった時。

失恋がわかりやすい例ですが、彼氏、彼女と別れてしまうと、二人で幸せになる未来というのは無くなってしまいます。

この「無くなってしまう未来」の喪失感が、ハートブレイクになっていくわけです。

もう一つはハートが傷つくことで、叱られたり裏切られたりすることで、心が傷ついてハートブレイクになっていくわけです。

この二つに共通することは、心が傷つくことにあるわけですが、実はそれだけではありません。

これは喪失感と深い関係があるのですが、「祭りの後」というのも、ハートブレイクを感じているわけです。

例えば、友達とすごく楽しい時間を過ごしたとします。

しかし、お互い自分の家に帰る時間がやってきてしまいます。

楽しい時間を過ごした分だけ、その楽しい時間が「終わる」ことが寂しくなります。

これもまた、ハートブレイクの一つなんですよね。

何かが終わる時に感じるかもしれない「ハートブレイク」。

皆さんも、実は感じたことがあるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です