2020.11.17 目線の先

先日、発達障害の子どもと遊ぶ機会があったんです。

お母さんと私、そして子どもと3人で、紙風船で遊んでいたんですよ。

で、その時ふと気がついたことがあります。

子供が紙風船をよく落とすんです。

まあ子供ですからねぇ、と言ってしまえばそれまでですが、ちょっと気になったんですよ。

で、よく観察してみると、あることがわかったんです。

子供は、お母さんの手しか見ていないんです。

もしかしたらお母さんの顔しか見ていないかもしれない。

で、そこばかりを見て、紙風船を全く見ていないから、風船が取れないわけです。

普通に考えれば、動いている風船に目線が行きますよね。

でも、その子供は、目線はお母さんに固定されていて、動く紙風船を全く追いかけないんですよ。

ああ、これも一つの特徴なんだなぁ。

遊んだ後にお母さんにこのことを話すと、お母さんもびっくりしていました。

お母さんの話では、確かにボールなどを使った遊びは苦手で、すぐボールを見失ったりするそうです。

そりゃあ動いているボールを目で追いかけていないと、見失いますわなぁ。

でも、それだけ自分が興味があるもの、大切なものに意識を集中しているとも言えるんでしょうね。

いつも感じることですが、子供から学ぶことって本当にたくさんあります。

子供をじっくり観察するのも、すごく勉強になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です