2020.11.11 問題を起こすわけ

一人の時間が多くなって、最近よく物思いにふける事があります。

まあたいがいがよからぬ事を考えているわけですよ。

本来私はネガティブ思考なので、まあいろんなよろしくない未来を考えては、時間をつぶしたりしております。

で、そのときに、ふと自分の思考に疑問を持ったわけです。

何故こんな事をしているのだろうか、と。

で、出てきた答えが「暇つぶし」

まあびっくりしました。

私は何よりも、暇である事、する事がない事が嫌なようです。

だから、いろんな問題を作り、自分を暇でない状況に追いやり、「暇である」という状況を作らないように、いろいろ問題を起こしていたんですねぇ。

問題が起きたとき、人は問題解決のために思考を使い始めます。

この状況をいかにして乗り越えるか。

どうもそれ自体が自分の中の娯楽になっていたようです。

とんでもない娯楽ですよ、ほんと。

実は、もう一つ気がついた事があります。

この娯楽にも飽きてきたんですよねぇ。

飽きっぽいのも私の性分ですから、困ったものです。

しかも、半世紀近くかけて、やっと気がついたわけですから、本当に困ったちゃんです。

さ、この困ったちゃんをどう扱っていくのか。

これが私のこれからの課題になりそうですね。

これもまた暇つぶしなのか、
それとも、これがプロセスなのか。

それは、やってみてのお楽しみ、ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です