2020.10.23 ヒントはいつもそこにある

カウンセリングをしていると、色々なヒントをいただきます。

やっぱ、心理学講座を書くには、カウンセリングをするのが一番ですね。

カウンセリングをしていると、クライアントさんにいろんな疑問が出てきます。

その疑問に、ひとつひとつ応えていく。

結果として、それが皆様にお伝えする「心理学講座」になっていくわけです。

私自身、必ずしもすべての質問に応えられるわけではありません。

頭はよくないのでね(笑)

ただ、私自身が疑問に持ち、自分の中でひとつの結論や結果にまで行き着いたものであれば、皆様にお伝えすることはできるわけです。

わたしは誰よりも、物覚えが悪い人間ですからね。

昔は、ひとつのわからないことに対して、一年かけてなんとか理解できたくらいですからね。

自分がそれだけの苦労をしてきたからこそ、わからないことを、できるだけわかりやすく、相手に伝える努力をするわけです。

そんな私でも、最近コラムで書いたように、自信をなくして心が折れてしまうこともあるわけですが(笑)

リーダーシップの中に、「当たり前でないことを、当たり前のようにする」というのがあります。

質問に答える。

これって、普通にしていれば当たり前のことなんですよね。

でも、実際に質問されて、相手に理解できるように伝える、というのは、やってみればわかりますが、かなり難しいわけです。

自分が「できて当たり前」と思っていることは、相手に伝えることはできませんからね。

例えば、自転車に乗れる人が、自転車に乗れない人を見て「なんで自転車に乗れないのだろう?」と思うわけです。

そこで、自転車に乗れるようになるために苦労をした人は、自分が体験したプロセスから

なぜ自転車に乗ることができないか

どうすれば自転車に乗れるようになるのか

を、経験で理解できます。

しかし、自転車に乗れることを「当たり前」と思っていると、プロセスが理解できないので、結果教えることはできなくなるか、スパルタになってしまいます。

わからないことは恥ではない

わからないことがあるということは、自分が成長する伸びしろがある。

ということ、なんですよね。

しりたい!

その好奇心が、人を成長させていくんですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です