2020.1.5 多様性を受け入れる

昔、カウンセリングの考え方について、私が話していることと、別のカウンセラーさんが話していることが、全く逆だという話がありました。

そりゃそんなこともあるでしょう。

いろんな考え方があって、いろんなアプローチがある。

多様性があることは、それを選ぶクライアントさんたちには、とてもいいことですからね。

同じところで学んでも、同じように勉強しても、自分というフィルターを通せば、全く同じものにはならないわけです。

それが、個性という形になっていくのでしょうね。

でも、自分と違うからといって、自分の考え方を相手に押し付けるのは、カウンセラーとしてはいただけません。

間違っていることを「間違いだ」と指摘するのはいいでしょう。

しかし、その場合「なぜ間違いなのか」を明確に説明できないと、ただのコントロールになってしまいかねないわけです。

「違う」のと「間違い」とは、全然意味が違いますからね。

みんなと違っていて構わない。

不安があるときほど、問題は問題になりにくい。

そういった心構えが、カウンセラーには必要かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です