誰かと自分を比べている

後悔先に立たず

なんてことわざがありますが、後悔することって、ありますよね。

あの時ああしていればよかった。

そう思うことって、人生の中ではよくあることなんです。

私自身、そんな後悔はうなるほどあります(笑)

で、今回は、後悔の話ではなく、比較のお話です。

後悔するとき、すべてではないのですが、ついつい比較している自分がいることに、気が付いていますでしょうか?

それは、今の自分と、昔の自分を比較しているんですよね。

例えば、過去の自分のあの一言で、大切な人を失ってしまった、とします。

今の自分からみれば、過去の自分のあの一言さえなければ、大切な人を失わずに済んだかもしれない。

こう考えるわけです。

この段階で、過去の原因を知る今の自分と、過去の原因に気付かない昔の自分を比較していることに、気が付きますでしょうか?

でも、ちょっと考えれば、変な話なんですよ。

今の自分が、過去の原因を知ることはできるわけです。

ある程度客観的にみることができますからね。

でも、過去の自分は、まさに当事者でもありますし、原因に気付けるだけの力もないわけです。

そんな自分と、今の自分を比較することって、どうなのでしょうね。

比較した結果、原因に気付けるくらい成長したことが確認できるだけなわけで、あの時ああしていれば、と思っても、当時の自分では気づけなかったわけですし、まだまだ未熟だったともいえるわけです。

これが、あの時の一言が原因だったから、未来ではそんなことが起きないようにしよう、という、未来への布石、簡単に言うと、反省点にしていけるのであれば、これは意味があることだと感じます。

ですが、過去の自分と比較しても、反省点は出てこないんですよね。

ただ、過去の自分に対して、自己嫌悪が生まれてくるだけにすぎないわけです。

過去をかえりみて後悔していると気が付いたら、それを自己嫌悪の材料に使うのではなくて、未来への反省点に使ってみる。

こんな風に、意識をちょこっとだけ変えてみたら、過去の自分に対して、腹は立つかもしれませんが(笑)、自己嫌悪をそれほど持たなくてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です