自分に優しくって、どういうこと?

自分に優しくする

カウンセリングでこう話すときがあるのですが、これにはよく質問が返ってきます。

自分に優しくって、どういうこと?

自分の思い通りにしていいってこと?

自分を甘やかしていいってこと?

もっとわがまま言っていいってこと?

全部はずれです(笑)

心理学には、投影というのがあります。

周りにいる人たちから感じるものは、自分の心の鏡である、といった感じでしょうか。

もう少しわかりやすく言うと、周りの人たちが自分にしてくることは、自分自身が自分にしていることでもある、ということです。

誰かが自分に冷たくしたとしたら、もしかしたら自分自身が自分に冷たく接しているのかもしれない。

誰かから憎まれたら、もしかしたら自分自身が自分を憎んでいるのかもしれない。

こういう見方をします。

つまり

人のふり見て我がふり直せ

ということなんですよね。

なんで私だけがこんなつらい目に合わなければいけないの?

と思った時、自分自身が自分をつらい目に合わせていないか、一度自分を顧みる必要があるわけです。

物事の見方を変えることで、より自分を理解して、自分自身を幸せに導いていく。

誰かが自分に優しくしてくれるから、ではなくて、自分が自分に優しい分だけ、誰かが自分に優しくしてくれるわけです。

人を愛した分だけ、人から愛される。

人を助けた分だけ、人から助けてもらえる。

結局、自分がしたこと以外自分には還ってこないんですよね。

もちろん例外はありますけどね。

自分に優しく、というのは、自分自身が持っている愛をどれだけ信頼できるか、なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です