癇癪やヒステリーをおこす理由

人はどんな気分になった時、癇癪やヒステリーを起こすのでしょう。

わかってもらえないとき

自分を表現しようとするとき

怒っているとき

そのほかにも、いろいろあると思われます。

簡単にまとめると、こころの中に、感情の水が入ったコップがあって、このコップをひっくり返すような感じかもしれませんね。

基本的に、ヒステリーや癇癪は

思い通りにならないとき

わかってもらいたいのにわかってもらえないとき

憤りを感じているとき

に起きやすくなりますが、全てに共通する部分では

自分を見てほしい、かまってほしい

というのがあります。

つまり、自分の中にある抑圧された欲求の表現として、ヒステリーや癇癪があるといえるかもしれません。

以前にも講座で書きましたが、欲求は大きく6つに分類されます。

愛してほしい

わかってほしい

かまってほしい

認めてほしい

助けてほしい

許してほしい

このうちの一つ以上の欲求を抑圧することで、ヒステリーや癇癪は起きやすくなるわけです。

コップの水をカラにするために、ぶちまけるわけですね。

ぶちまけた後は当然落ち着くわけですが、しばらくすると、すぐにコップが満タンになってしまいます。

なぜなら、抑圧された欲求が解消されない限り、コップに水はずっと注がれていきますからね。

で、ここでよく「感情をコントロールする」という表現を使う人や本を目にしますが、基本抑圧していること自体が、すでにコントロールなんです。

コントロールしている人に、さらに「コントロールしなさい」といっても無理なんですよね。

車を運転しているときに、パソコンで資料を作れ、と言っているようなものです。

事故りますよ、確実に(笑)

ヒステリーや癇癪を辞めるためには、自分のこころにどのような欲求があり、どれだけ抑圧しているかを把握する必要があります。

そのうえで、抑圧することを辞めることで、初めてコントロールできるようになっていくわけです。

つまり、ヒステリーや癇癪を起している本人が気が付かない限り、どうしようもない、ということになりますね。

今の世の中が生きにくいと感じる人は、自分と向き合えない人とかかわるのは、かなり心がしんどいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です