推薦状と信用状②〜本物の信用状〜

前回の続きになります。

「良い信用状」を持っている人は、実はある特典があるというお話です。

それは、必ず誰かが理解してくれている、ということです。

人生の中でどれだけつらくても、どれだけ孤立していても、「良い信用状」は、自分が努力した分だけ、ちゃんと周りには伝わっているわけです。

まあ、それを悪用している人がいるから、損をするわけでもありますけどね(笑)

実は、他人の信用を得る、というのは、なかなかに大変なことです。

何かを頼もうと思っても、この人には頼めない、と思われてしまうと、これは信用がないわけですよ。

例えば、時間にルーズな人は、時間に関しての信用がないわけですから、大事な待ち合わせとかでは、全く信用されないわけです。

時間厳守の仕事を任せたりはできないですよね。

また、人の信用を裏切る行為は、時として相手を傷つけてしまいます。

「信じていたのに!」

なんてセリフ、ドラマなどでもよくありますよね。

自分がどのような人を信用するのか。

それは人によって違います。

やさしくしてくれたら信用するかもしれませんし、あめちゃん一つくれただけでも、信用するかもしれません。

逆に、今まで信用していても、たった一度遅刻しただけで、信用を無くしてしまうかもしれません。

信用というのは、その人の主観で決まってしまいますからね。

100人いて、100人から信用を得ることはできないでしょうね。

でも、一人でも自分を信用してくれる人がいるのであれば、地道に努力することは無駄ではないかもしれません。

信用は、自分がしてきたことの結果にすぎないわけですからね。

信用を得るためにどうするか、ではなく、ただまじめに、実直に、自分のすべきことをする。

その結果「信用状」が付いてくるわけです。

誰かのよい信用状を持っていること。

実はこれも大切なことなんですよね。

相手の良さがわかること自体、それだけで目利きなわけですからね。

自分が良い信用状を持つことも、誰かの信用状をたくさん持つことも、人生というプロセスを進める上では、とても大切なことかもしれません。

自分に何かピンチが起きたとき、子の信用状は、必ず役に立ちますからね。

良い信用状をたくさん発行して、良い信用状をたくさん手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です