成熟した大人とは?

世の中には、年齢的にも、見た目にも大人なのに、精神的に未成熟の人がいます。

こういう人が周りにいると、自然と精神的に大人にならざるを得なくなります。

が、いろんな意味で、こころに傷や負担を与えてしまうことも、たくさんあるわけですよ。

成熟した大人、といわれると、皆さんはどのようなイメージがあるでしょうか?

人間として器がでかい、感情をむき出しにしない、コントロールできている、振る舞いが優雅、頼れる、信頼できる、エトセトラ・・・。

まあいろいろあるわけです。

ひとそれぞれ、成熟した大人のイメージは違うわけですよ。

子供時代は、当然ですが、親が成熟した大人だと思います。

自分ができないことは全部できますからね。

ですが、大人になってみてわかるわけです。

子供時代、親は成熟した大人だと思っていたけど、実は成熟していない部分もあったのではないだろうか?

理由は、自分が大人になってみて、未成熟なことを痛感しますからね。

それが理解できない人が、結果として自分は成熟していると思い込み、周りに対して暴虐武人にふるまうのかもしれませんね。

私が感じる成熟した大人とは、自分をよく理解している人だと感じます。

自分を過大評価も過小評価もしない、ありのままの自分を受け入れ、同じように、周りの人のありのままを受け入れられる。

仕事ではできていたり、人とのかかわりではできていたりと、限定的な人はいると思いますが、仕事も家庭もプライベートも、すべてにおいてそうふるまえる。

こういう人は、そうそういませんよね。

しかし、当の本人がそれを自覚していれば、まわりも「この人はこんな人だからね」と認知してくれるわけです。

結果として、未成熟なままでも、愛されるキャラになるわけですよ。

そうならないのは、当の本人の自覚がないから。

じゃあなぜ自覚がないのか?

それは、自分と向き合えないから、でしょうね。

私はカウンセリングで、自分と向き合うことをよく口にしますが、それは、心を成熟させることで、問題に向き合える力、自分の弱さに負けない力を自分に養うことに目的があるからです。

で、心が未成熟な人ほど、自分と向き合うことを極端に嫌います。

誰かのせいにする人、DVやハラスメントをする人、すぐ文句を言う人、人の話を聞かない人、欲求が強い人、自己嫌悪が強い人など、まだまだ心が成熟するチャンスがあるわけです。

子供っぽい=未成熟、というわけではありまえんよ。

成熟した人ほど、遊び心が旺盛ですからね。

人生半世紀近く生きてきて、そんな成熟した大人になりきれていない私です。

死ぬまでに、どこまで自分のこころを成熟させることができるのか。

これからの私の挑戦でもあります。

みなさんも挑戦しますか?

やめといたほうがいいかもしれませんよ(笑)

ただ、成熟しないといけない事態にある人もいますので、そんなときは、一人で頑張らずに、友人なりカウンセラーなりに、どんどん頼ってくださいね。

成熟した大人は、ちゃんと相談できる人を持っていますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です