愛着障害について

ここのところ、愛着障害について、よく耳にします。

簡単に愛着障害を説明しますと

生後半年から2歳までの間に、主に母親からの愛情が不足していると愛着障害になると言われている。

ストレスに弱くなり、思考もネガティブに陥りやすい傾向となる。

また他者との距離を測るのが困難で、近すぎたり遠すぎたりする。

(YouTubeより)

となります。

で、最近私の周りで、自分は愛着障害ではないかとか、あるカウンセラーに「あなたは愛着障害と言われた」とか、子育てをしている母親から、子供が愛着障害になってしまっているのではないかとか、まあいろんな形でいろんな話をまとめて聞くことになったわけです。

で、これらの話を聞いていて、ふと感じたことがあったんです。

親から十分に愛されていない、と感じた子供が愛着障害になるとして、例えば、どれだけ親がたくさんの愛情を与えても、子供がそれを愛情だと認識しなければ、やっぱり愛着障害になるのではないか、と。

人って、自分の欲しい形で与えてもらった時に、初めて愛されたと感じるわけです。

逆に、どれだけ愛情を与えられても、それが自分の欲しい形でなかった場合、与えられたものを愛情とは感じません。

つまり、愛着障害って、与えた側以上に、受け取る側の主観が強く影響しているのではないか、と感じるわけです。

言い換えるのであれば、人は大なり小なり、みんな愛着障害を持っている、と感じるわけですね。

それが成長の過程で、実は愛されていたことに気がついたりして、愛着障害の影響を受けないくらいに自分の心が成長していくことで、克服していくのかな、と考えるわけです。

もちろんこれは私個人の考え方であって、心理学的に証明されたものではありません。

ただ、愛着障害があることに問題があるのではなく、愛着障害に強く影響されてしまう心の状態に問題がある、と私はカウンセリングを通じて感じています。

ここのところ、愛着障害について、よく耳にします。

簡単に愛着障害を説明しますと

生後半年から2歳までの間に、主に母親からの愛情が不足していると愛着障害になると言われている。

ストレスに弱くなり、思考もネガティブに陥りやすい傾向となる。

また他者との距離を測るのが困難で、近すぎたり遠すぎたりする。

(YouTubeより)

となります。

で、最近私の周りで、自分は愛着障害ではないかとか、あるカウンセラーに「あなたは愛着障害と言われた」とか、子育てをしている母親から、子供が愛着障害になってしまっているのではないかとか、まあいろんな形でいろんな話をまとめて聞くことになったわけです。

で、これらの話を聞いていて、ふと感じたことがあったんです。

親から十分に愛されていない、と感じた子供が愛着障害になるとして、例えば、どれだけ親がたくさんの愛情を与えても、子供がそれを愛情だと認識しなければ、やっぱり愛着障害になるのではないか、と。

人って、自分の欲しい形で与えてもらった時に、初めて愛されたと感じるわけです。

逆に、どれだけ愛情を与えられても、それが自分の欲しい形でなかった場合、与えられたものを愛情とは感じません。

つまり、愛着障害って、与えた側以上に、受け取る側の主観が強く影響しているのではないか、と感じるわけです。

言い換えるのであれば、人は大なり小なり、みんな愛着障害を持っている、と感じるわけですね。

それが成長の過程で、実は愛されていたことに気がついたりして、愛着障害の影響を受けないくらいに自分の心が成長していくことで、克服していくのかな、と考えるわけです。

もちろんこれは私個人の考え方であって、心理学的に証明されたものではありません。

ただ、愛着障害があることに問題があるのではなく、愛着障害に強く影響されてしまう心の状態に問題がある、と私はカウンセリングを通じて感じています。

もう少し、愛着障害については、私自身も勉強が必要なので、また機会がありましたら、この続きを書きたいと思います。

もう少し、愛着障害については、私自身も勉強が必要なので、また機会がありましたら、この続きを書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です