愛を重く感じてしまう心理

人の愛を感じた時。

その愛をすごく束縛されている感覚だったり、自分にとって枷に感じてしまったり、重たく感じてしまうことがあったりします。

実際には受け取る側の問題なわけですけどね。

愛を受け取る側が、相手の与えてくれる愛がとてつもなく大きく感じて、その愛に報いるものを自分は相手に与えられない、なんて感じてしまったら、愛を重く感じてしまうかもしれません。

また、愛を責任と捉える人もいます。

責任から逃げてしまうパターンを持つ人なんかは、当然愛を与えられた途端に逃げるわけです。

中には、愛を与えられたいけれども、与えたくない、なんて人もいますからね。

こういう人も、ちょっとしたことがきっかけで逃げます。

で、与える側の問題としては

愛を与えているにもかかわらず、どこかで見返りを期待していたり、愛を与えることが義務になってしまっていたりすると、愛が空回りしてしまうことがあります。

中には、与えるだけ与えておいて、一向に受け取らない、なんてケースもあるわけです。

愛もコミュニケーションの一つですからね。

一方的に与えてばかりでは、うまくいかないし、同時に一方的に与えられてばかりでも、やっぱりうまくいかないわけです。

コミュニケーションというのは、循環していますからね。

やはりお互いに愛を循環しあうことって、すごく大切なことなんだと感じるわけですよ。

そして、お互いに愛があることを実感しあうことも、また大切なわけです。

そこで、自分が欲しい愛の形にこだわってしまうと、自分が欲しい形以外の愛を愛と認められなくなりますから、愛が少ないと思ってしまうかもしれません。

おまけですが、自分自身に嘘をついている時も、人の愛が重たく、うざく感じたりもします。

自分に嘘をつくには、自分のためにも止めておいたほうがいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です