嘘を見抜くポイント

動画を見ておりまして、

簡単に嘘を見抜く6つの方法

というのがありました。

その方法をまとめますと

・話を聞く時、全く微動だにしない

・手で口元を隠しながら話す

・瞬きが増える

・聞かれてもいないことを話し始める

・言葉が出てこなくなる

・怒る

となります。

上記6つの状態を見つけることがあっても、即座にそれが「嘘を言っている」とは断言しにくいものです。

大切なのは、その前後の状況であったり、相手の人となりであったりと、いろいろな要因を積み上げていった結果、嘘かどうか見抜けるようになっていくわけです。

嘘を見抜くのが上手い人って、たくさん嘘をつかれた人か、たくさん嘘を言っている人かになります。

たくさん嘘をつかれた人は、経験上嘘を言っているかどうかわかってきますからね。

また、たくさん嘘を言っている人は、当然嘘がどのようなものかわかっておりますので、見破るのは得意なわけです。

では、嘘を見破られない方法って、あるのでしょうか?

実は、上手に嘘をつく方法があるんですよね。

それは

・本当の話の中に、嘘を混ぜる

・話すときに自分自身が「本当だ」と思い込む

・一切罪悪感を感じず、純粋な気持ちで話す

・楽しそうに、熱く話す

こうすると、相手を騙しやすくなります。

まあ、嘘をつくのが上手い人って、自分を騙すのも上手い、ということになりますね。

これは付き合いが長くなるとわかってきますので、やはり相手をよく観察することが大事になってきます。

観察する力を養うこと。

これが嘘を見抜くポイントなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です