リーダーシップのタイプについて

リーダーシップの種類については、以前も心理学講座でお話したことがありますが、最近この手の話をしましたので、ちょこっとおさらいしたいと思います。

前回の心理学講座の時と、内容が少し変わっているかもしれませんが、まあそれは書いている私が変わったということで(笑)ご勘弁くださいませ。

プッシュ型

「俺について来い!」という、昔ながらのリーダーシップ。

ほとんどの方が、リーダーシップと言えばこの形を思い浮かべるというくらい、定番の形です。

プル型

「責任は俺がとる。お前たちの好きにやれ」なんて、後ろでどっしり構えてくれているタイプ。

皆の長所を認め、引き出し、フォローし、バックアップする。

プル型と違い、決して前面に立つことはないですが、周りからの信頼はプル型よりも厚くなります。

トゥギャザー型

仲間のように、友人のように、家族のように、同じ目線で一緒に支えあい、助け合い、周りをまとめていく。

プッシュ型と違うのは、プッシュ型は全体から一歩引いているのに対して、トゥギャザー型は、周りと同じ位置に立って、一緒に動くこと。

神輿型

本人は取り立てて実力とかないのに、みんなから慕われて、自然とみんなのまとめ役になっていく。

本人に神輿を担ぐ力はないが、担がれて初めて、周りの人たちが力を発揮する。

頼りないから私が支えてやるしかないか。

みたいな感じで、自然と手を貸したくなるリーダーシップ。

プッシュ型との違いは、プッシュ型はどちらかと言えば後方から全体を見ている感じだが、神輿型は周りから見られることによって、全体を一つにまとめていく。

カバディ型

カバディというスポーツの通り、一丸となって行動する。

何よりもチームワークが大切で、周りの信頼がリーダーシップを作っていく。

ま、こんな感じで、リーダーシップにはいろんな型があるということでね。

自分に合った型や、自分が得意とする型がそれぞれありますので、自分をよく理解してから、リーダーシップのタイプを選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です