たった一つの違い

最近、ちょっと面白い事がありました。

それは、ある二人の友人の話です。

この友人、共通点がいくつかあります。

共通点

40代女性

同じ誕生月

自己肯定感が低い

自己価値も低い

与えるのが好き

受け取り下手

ダメ男やブラック企業に、いいように使われてしまう

美人

ま、このような共通点があるわけですが、たった一つ、大きな違いがありました。

それは

自分で、自分を幸せにしたい

と思っているかどうか、なんです。

これだけでも、心の成長や変化の度合い等が、すごく違うわけです。

わかりやすく言うと、未来が月とスッポンくらいになっちゃうんですよ。

自分を幸せにしたいと願うと、問題は容赦なく、自分の前にやってきます。

しかし、同時に、問題解決のヒントを持っている人も、目の前に現れるわけですよ。

自分を幸せにしたい、と思っている人は、自分が幸せになるために必要なものが、どんどん集まってきて、まるで簡単なパズルのようにハマっていくんです。

で、それを受け取るだけで、自然と幸せになる道に流れていくわけです。

ところが、自分を幸せにしたいと思わない人は、自分が幸せになるために必要なものを、ことごとく遠ざけてしまうんですよ。

問題解決のヒントを持った人を、全部拒絶したり、怒らせたりするわけです。

結果、問題が目の前に現れても、自分一人で向き合わなくてはいけなくなりますから、よけいしんどくなったり、逃げたくなったりします。

たったこれだけの事なのに、未来の選択肢がこんなに変わってしまうんですねぇ。

さて、皆さんは、自分で自分を幸せにしたい、と思っていますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です