すぐに人をしかりつける人の心

ユーチューブの動画で「努力すればするほど不幸になる人の特徴」というのがありました。

その特徴を挙げてみると、

1興味がないことを続けている。

2短期決戦を考えすぎている

3人と比較をしてしまっている

4最終目標が定まっていない

5常に正解ばかりを探す

私が気になったのは3番目

自分と人を比較するのは、相手のいいところと自分の悪いところを比較してしまったりするので、結果自分のコンプレックスを刺激されるだけになってしまいます。

ですが、もしこれが逆だったどうなるでしょう。

相手が当たり前にできることと、自分のできてないところを比較して叱られる。

人って、初めてのことをすぐにできるわけではありません。

新しい職場で働き始めて、一週間やそこらで10年働いている人と同じだけ働ける、なんてことはほとんどないわけです。

ところが、現実にはそういうことを求めてくる人もいるんですよねぇ。

これはされるだけではなく、してしまうことだってありますよね。

特に「出来て当たり前」と思っていることほど「なんでこんなことができないんだ」となりますからね。

もちろん、行動や行いに対する責任を担って行っている可能性も高いですが、これって、もしかしたら、自分ができる当たり前のことに対して、自分が一番できることの価値を見ていないんじゃないか、と私は感じます。

この考えでいくと、すぐに人をしかりつける人って、実は自己価値が低い人なのかもしれない、と感じたんですよね。

もしかしたら、自分の自己価値の低さが、自己価値の低い人達を引き寄せているのかもしれないですね。

これはしっかりと自己価値を上げて、引き寄せなのかどうか検証しないとですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です