こころに種をまく

工藤直子さんの『花』という詩があります。

わたしは

わたしの人生から

出ていくことはできない

ならばここに

花を植えよう

新聞に掲載されたこの詩と記事を読んで、私はなぜか涙が出てきました。

自分の人生は自分のものです。

誰のものでもありません。

その人生が砂漠の人生でも、荒れ野原であっても、自分の人生は自分だけのものなんですよね。

でも、その人生をどう変えていくのか。

どんな世界にしていくのか。

その選択肢をみんなが持っています。

たとえ人生が荒れ野原であっても、岩がごろごろした場所でも、自分自身の選択で変えることが可能なんですよね。

それは文章にあるように、一輪の花を植えることかもしれない。

荒れ野原に種をまくことかもしれない。

土地を開拓し、緑を植えることかもしれない。

でも、その努力は必ず報われる。

私はそう信じています。

私はよく、クライアントさんにこう言っていました。

「私のカウンセリングは、種をまいているようなものです。

その種は、いつ芽を出すかわからない。

どんな花を咲かせるかわからない。

明日かもしれないし、3か月後かもしれない。

1年後かもしれない。

もしかしたら、芽を出さないかもしれない。

それでも、私は心に種をまきます。

だから、今は私の言っていることがわからなくてもかまわない。

いつか、芽が出たときに、そのことに気づいてくれればそれでいい」

そうしたら、数年ぶりにクライアントさんとお話しする機会があった時、こういわれました。

「あの時中原さんに言われたこと、最初は全く意味が分からなかったんですけど、今になって「ああ、このことを言っていたんだ」ってわかったんです。」

まさにまいた種が芽吹いた瞬間でした。

うれしかったですね。

今、私がまいた種はあちこちで芽吹いて、花を咲かせています。

「笑顔」という素敵な花をね。

そして、今も種をまき続けています。

あとは皆さんの荒れてしまった心が、花と緑で包まれる世界になるように、祈り続けます。

私がまいた種は一つではありませんからね。

いっぱい、いっぱい、咲きますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

化学反応と心理学