「死にたい」と思ったっていい(「死にたい」と思う心理10)

死にたいと思っていてもかまわない

死にたいという思いと同時に「生きたい」という気持ちも、心にはあるから。

死にたいという気持ちがあっても、生きたいという気持ちが少しでもあれば、実際に行動に起こすことはない。

生きたいという気持ちが全くなくなった時に、本当に死に魅入られてしまう。

忘れないでほしい。

皆、本当は全力で生きたいと願っていることに。
ほんの少し、誰かとかかわることができたら、
未来に夢や希望を感じることができたなら、
人は再び、自分の足で歩くことができる。

皆さんは、
そばにいる誰かを支え、守っている存在であることに、
そして、周りにいる人たちは、
あなたを守り支えている人たちもいるということを
忘れないでください。

そして、死のうと思ったのなら、
最後に
カウンセラーに電話してみてください。

全く意味がないかもしれないし、
役に立たないかもしれない。

でも、カウンセラーは忘れません。
あなたというクライアントがいたことを。
そこに「生きている証」が必ず残ることを
覚えていてください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

ぜひ生きて、お会いいたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です