「お金を貸してほしい」と言われた時の断り方

「お金を貸してほしい」と言われた時の断り方、断りたいのにうまく言葉が出ないのは何故か?

お金を貸して欲しい

こう言われてホイホイとお金を貸すことって、余程親しい人でもない限り、なかなかないですよね。

でも、立場上断れなかったり、断った後のことを考えると断りにくかったり、そもそも断ること、ノーということができない人だっているわけです。

断り方は非常にシンプルです。

ない!

持ってない!

とはっきり言うことですね。

ない袖は触れないわけですから、ない人にお金の無心には来ないでしょう。

ないことを証明するためにも、財布には少なめにお金を入れておくのもポイントですね。

でも、なかなか断れない時もあります。

実際、私も断りきれずに三線教室に200万貸して、未だに帰ってきていないわけですが(笑)、なぜお金を貸してしまったというのを事例としてお話しします。

社長から「お金を貸してほしい」と言われ、もちろん断るつもりだったのですが、この時点で社長の話を人づてに聞いていたんです。

お金を貸さないと、無視したりして圧力をかけてくる。

つまりパワハラをするわけです。

仕事上この時点ですでにパワハラを受けていた私は、とにかく仕事を円滑にするためには、社長の話を聞くしかなかったわけです。

後から考えたら、別に無視されても良かったんですけどね。

だって、この段階で給料と残業代、休日出勤代が未払でしたから(笑)

社長払う気ないって豪語しているらしいですけど(笑)

イカンイカン、話がそれてしまいましたね。

話を戻して、お金を貸してしまう心理としては

自分に不利益が及ぶと想像される場合

相手の同情した親切心から

周りのことを考えて

このような思考になった場合、お金を貸してしまう可能性が高いわけです。

逆に、このような思考が出てきた時、必ず即断するのではなくて、誰かの意見を聞く必要があります。

自分一人で決断しないこと。

これが一番重要かもしれません。

そういった相談できる誰かを、必ず持つようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です