デモデモ星人の心理とは その1 デモデモ星人の心理とは その1

あなたの周りで、以下の口癖のある人はいませんか?

でも

だって

どうせ

やっぱり

だから

きっと

まあまだほかにもありますが、これらの口癖をよく言う人のことを、私は

デモデモ星人

と呼んでおります。

ちょっと想像してみてください。

彼氏のことについて、友達から相談されたと思ってください。

彼が最近やさしくない。

彼が私に構ってくれない。

彼に嫌われないためにはどうすればいい?

Etc.

相談されたあなたの選択肢は、3つです。

ただただ話を聞いてあげるか

アドバイスをしてあげるか

初めからまともに取り合わないか

まあどれを選んでも、特に問題がある、というわけではありません。

今回は「アドバイスをしてあげる」選択をしたときに、こちらが出したアイデアや提案を、ことごとく「でも」「どうせ」「だから」「やっぱり」という言葉で、すべて返されてしまったら、さてさて、あなたはどんな気分になるでしょうねぇ。

男性であれば、90パーセント以上の確率で、腹が立ってきます。

女性でも腹が立つ人はいますよね。

結果、あなたは友人に対して怒るかもしれませんし、このことが原因で疎遠になってしまうかもしれません。

もしかしたら、あなた自身も友人の心理状態に巻き込まれて、疲弊してしまうかもしれませんね。

ではなぜ、人は「デモデモ星人」になってしまうのでしょう?

理由をおおざっぱに挙げてみると

うそでもいいから安心する言葉を言ってほしい、欲求を満たしてほしい

自分が見ている相手の価値と、相手が見ている自分自身の価値がずれている

八つ当たり

怒らせることでダメな自分を証明する

変化すること、成長することに抵抗している。

ただかまってほしいという甘え

となります。

たぶんまだあります(笑)

とりあえず、解説はそのうちするとしまして、デモデモ星人について、もう少しお話ししたいと思います。

次回に続きます。

お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です