エナジーヴァンパイアについて

憎まれっ子世に憚る

ということわざがあります。

意味は「人から憎まれるような者ほど、逆に世間では幅をきかせるものであるということ。」(故事ことわざ辞典より)となります。

実は、「人から憎まれる」エネルギーを自分のエネルギーに変えられる人がいます。

このようなタイプの人は、人に嫌われれば嫌われるほど、より成功へと近づいていきます。

言い換えれば、相手を憎めば憎むほど、相手にエネルギーを供給してしまう、ということになります。

相手を恨んでも同じで、相手にエネルギーを供給してしまいます。

一方では、ただ相手に自分のことを思い出させるだけで、エネルギーを奪う人もいます。

どちらも、良きにつけあしきにつけ「自分に意識を向けさせる」ことで、相手のエネルギーを奪うわけです。

このような人たちのことを「エネルギーバンパイア」と呼びます。

エネルギーバンパイアは、誰もがなる可能性を持っています。

無自覚の欲求が相手のエネルギーを無意識に奪っていく。

奪った側は当然満たされますから気分がいいですが、奪われた側はどんどん疲弊していきます。

自覚して与えたり奪ったりしている分には、対応は可能なのですが、無自覚というのがこれまた大変なんです。

自覚がないので、本人は自分のことを正しいと思っていますし、もしかしたら自分は良い事をしている、と思っている場合だってあります。

でも、実際には相手からエネルギーを奪い、自覚のない自分の欲求を満たしているにすぎないわけです。

この他にも、自分の汚れたエネルギーと相手のクリーンなエネルギーを、ごっそり交換するエネルギーバンパイアもいます。

全体の量が変わらないので、奪われた側は気が付きにくいんですよね。

でも、いつの間にか自分のエネルギーが汚れてしまっているので、再びクリーンにするのにかなりの負担を強いられます。

まあ奪われている側も、奪われている自覚がなければ、垂れ流しているのと同じなんですけどね。

私の知り合いの経験です。

とある社長の仕事のお手伝いをしていたのですが、それこそ24時間フル稼働でサポートをして、しかも無自覚にエネルギーを奪われ続けました。結局、その社長は、知り合いからエネルギーがもらえないとわかると、さっさと解雇しちゃいました。

簡単にいうと、こき使った挙句使えなくなったから首を切ったわけです。

社長は奪ったエネルギーでどんどん事業を大きくし、奪われた知り合いは、数か月間働けない状態が続きました。

というか今でも続いています。

こんな人間には、本当にかかわらないのが一番です。

ただ、こんな人間が家族の場合もあります。

この場合は最悪ですよね。

関わらないようにするのは無理ですし、関係を断ち切ることもできませんからね。

もう一つたちが悪いのは、カウンセラーやヒーラーさんがエネルギーバンパイアのケースです。

これもシャレになりません(笑)

私自身、そうならないように気を付けているわけですが、そこは人間ですから、親しい家族などにはやってしまうこともあります。

問題となるのは、自覚がないことと、どこまで許容できるか、ということ。

許容できる範囲内であれば、特に問題にはならないですし、自覚があれば、防御策も取れますからね。

それぞれのケースに応じて、いろいろな防御法や対処法があります。

それらは優秀なカウンセラー、ヒーラーであれば皆知っていますので、そのあたりはどんどん聞いてみてください。

詳しく聞きたい方は、私のカウンセリングかセミナーへ、ぜひご参加くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です