サイコパスの特徴

脳科学者の中野信子先生のお話です。

ありえないような嘘をつき、常人には考えられない不正を働いても平然としている

嘘が完全に暴かれ、衆目にさらされても全く恥じるそぶりを見せずに堂々としている。

それどころか、自分は不当に避難されている被害者、悲劇のヒロインであるかのような振舞いさえする。

残忍な殺人や悪辣な詐欺事件を犯したにもかかわらず、全く反省の色を見せない

そればかりか、自己の正当性を主張する手配などを世間に公表する。

外見は魅力的で社交的

トークやプレゼンも立て板に水で抜群に面白い。

だが関わった人はみんな騙され、不幸のどん底に突き落とされる。

過去に語った内容とまるで違うことを平気で主張する。

矛盾を指摘されても「断じてそんなことは言ってない」と涼しい顔で言い張る。

擁護する人間が周りに多く、時には信者であるかのような崇敬を示す人までいる。

これがサイコパスの特徴なのだそうです。

三線教室の一件以来、サイコパスについてはいろいろと勉強しているわけですが、どこをどう考えても、社長はサイコパスに間違い無いとなるわけです。

実際、社長の周りには取り巻きがいて、その取り巻きが社長を崇拝し守っていますし、私自身取り巻きにかなりいろいろ言われているみたいですしね。

本当、関わっただけでも不幸になるわ。

さて、皆さんの周りには、こういった方がいますでしょうか?

もし該当する心当たりがあるようであれば、気を付けてください。

利害関係が発生する事柄や、協力するなどとても危険ですからね。

こういった人に対する対応は

教えない

助けない

関わらない

これが基本ですからね。

関わってしまったが最後、現実的なものだけでなく、人生無茶苦茶にされて、魂までしゃぶられてしまいますから、本当に気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

変化とは?