カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

父親が与える影響について

この間、ちょこっとネットで動画を見ておりまして、面白い内容を見つけました。

 

それは、父親が与える影響についてのお話でした。

 

もちろん一般論的な話ですし、すべての父親に当てはまるわけではありません。

 

と前置きをしたうえで、お話をしたいと思います。

 

子どもにとって、父親とは、生まれて最初に出会う「完璧な大人」です。

 

ですので、ちょっとしたことが、意外と子供に影響を与えていたりします。

 

父親から何を学ぶのかというと、自己愛を学ぶんですね。

 

父親というのは、子供にとって社会の象徴でもあります。

 

父親を通じて、社会に触れていく予行演習をするわけですよ。

 

例えば、父親が仕事の愚痴を子供の前で話すとする。

 

会社や社会の批判をしたりする。

 

自分の仕事に関して、ネガティブな発言をしたりする。

 

すると、子どもは、社会を批判しているように、自分も否定されている気分になるそうです。

 

この結果、自己愛の形成がうまくいかなくなったりします。

 

また、母親が父親の悪口を子供に聞かせても、同じように自己愛の形成に問題が出ると私は感じています。

 

その動画では、父親が否定的なことを言っていると、子供はグレやすいという話もありました。

 

父親が愚痴っぽくなると、子供は自分が愛せなくなるんですって。

 

さらに、父親は夢を語り、母親は現実を語ると、子供の自己愛形成には良い影響になるんだとか。

 

で、父親が嘘をつくと、子供は「嘘をついていい」という許可が出てしまうそうです。

 

これは父親に限らず、大人がしていることは子供は真似ますからね。

 

こういった「父親の影響」については、2013年ころから研究が始まっているそうです。

 

2003年ころは、母親の影響についての研究が盛んだったんですよね。

 

母原病というのも、そのころに出てきた言葉ですしね。

 

そのうち「父原病」なんて言葉も出てくるんでしょうねぇ。

 

まあカウンセリングをしていると、そんなことは私がカウンセラーになった時からずっと言われていたことでしたけどね。

 

やっと社会が、カウンセリングに追い付いてきた、みたいな感じもちょっとします。

 

これからもっと研究が進んで、父親も母親もより良い方向性で、子供と接することができるようになれば、カウンセラーが必要なくなる社会が一歩近くなるかもしれませんね。

ページ TOPへ