カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/3/21 今の業界はねぇ・・・

ダイヤモンドオンラインに

 

「スピリチュアル」で人生を棒に振る中高年たち、悲劇の実例集

 

という記事がありました。

 

実はこれ、今に始まったことではないんですよね。

 

私がこの世界に入る前から、こういった事例はよくあったわけです。

 

で、実際癒し業界でもこういうことはありますし、他の業界も含めて、現在の集客システムって、この記事で取り上げられている手法を一部使っていますしね。

 

記事の冒頭を読んだ瞬間から、これって、コールドリーディング使ってるんだよなぁ、と感じたわけですが、読み終えてやっぱりか、という感じでしたよ。

 

私は自分がこうならないように、いろいろと考えてたわけですよ。

 

クライアントさんが、できるだけ過度の依存をしないように、多少距離をとった関わり方を心がけてたんです。

 

ですので、スクール料金とかは、リピーターさんは安くしたり、10年以上のお付き合いがある方は、無料にしてたりしてたんです。

 

これじゃあ経営は成り立たないわけですよ(笑)

 

しかし、カウンセリングや講座の目的は、クライアントさんが幸せになることであって、私自身が儲けることではない、という考え方があります。

 

ですので、正規の料金はいただいても、毎週カウンセリングを受けさせたり、マインドコントロールしたり、ということがないように、配慮をしていたわけです。

 

すべてはクライアントさんの意志と選択でないとね。

 

私自身は、自分の知識欲を満たすために、やっぱそれなりにお金は使いましたよ。

 

でも、たいがいトップの人ともめて(笑)そのグループを去ることがほとんどでしたね。

 

全面的に依存することも必要なときは必要です。

 

しかし、ある時点で自立に切り替わらないと、自分自身が成長しませんからね。

 

その意味では、私のクライアントさんたちや後輩たちは、みな優秀です。

 

みんなさっさと自立しちゃいましたしね。

 

残された私が、一番依存なんですもの(笑)

 

私がいつも言っていること。

 

自分の成長に必要のないものは、手放す。

 

同時に、相手の成長に自分が足手まといになるのであれば、自分を切り離す。

 

これって、たぶん恋愛や仕事でも同じことしているのでしょうねぇ、私は。

 

このやり方がいいかどうかはともかくとして、今のカウンセリング業界、スピリチュアル業界とは、正直ちょっと距離をとりたいと個人的に感じます。

 

実際、クライアントや受講生を依存させてお金を巻き上げている人、多いんですもの。

 

もちろんそれによって救われている人も、幸せになっている人もいるわけですから、すべてを否定するつもりはありませんけどね。

 

でも、私はそのシステムになじめない。

 

これも、スクールを辞める要因の一つになっているようですね。

 

カウンセリングも、もしかしたらそう長くは続けられないかもしれませんねぇ。

 

ページ TOPへ