カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

選択の後②

前回の続きになります。

  

で、私とぶつかったこの男性。

 

ちょっと比べてみると、私はその時のことをよく覚えているわけです。

 

いつかコラムのネタにしてやろうと思っていましたからね(笑)

 

まあ今回やっとネタにできたわけです。

 

だた、ぶつかった男性は、おそらく私とぶつかったことすら覚えていないでしょうね。

 

気にも留めていないでしょう。

 

いい言い方をすれば、周りの影響を受けず、わが道をゆく。

 

悪い言い方をすれば、人に対して一切の配慮をしない。

 

俺にぶつかったお前が悪いんだろ。ちゃんとよけて通れ、くらいの気持ちはあったかもしれませんが、それすらもどうでもいいんだろうなぁ。

 

で、これらのことも忘れてしまえば、いっさい心は痛まないし、気にも留めなくなるわけです。

 

以前カウンセリングで、こんなことがありました。

 

クライアント:前のカウンセリングで、中原さんが私にこうおっしゃったんですよね。それが気になってて。

 

私:私はそのあと、こういいませんでしたか?

 

クライアント:そこは覚えていません。

 

忘れるって、本当に便利ですねぇ。

 

自分の都合のいいことだけは、しっかりと覚えていて、そのほかの重要なところとかは、きれいにデリートされちゃっている。

 

まあこういうことはよくあることです(笑)

 

忘れられないのであれば、覚えていても問題にならないようにしてしまえばいいし、忘れているのであれば、思い出せばいい。

 

カウンセリングでの扱いは、基本こうなりますね。

 

大切なことは、忘れていようが覚えていようが、その記憶や感情に振り回されないようにすること、ですからね。

 

話は戻りますが、私とぶつかった男性、彼って、ある意味幸せな人なのかもしれないなぁ、と感じるんですよね。

 

なぜなら、自分の思い通りの道を進んでいるわけですし、人がどうなろうと、一切興味がない。人がどうなろうと知ったこっちゃない。

 

自分のことで手いっぱい。

 

これなら、罪悪感も無価値感も、一切関係ないですからね。

 

私はそんな人間になりたくはないですけど(笑)

 

なぜなら、罪悪感や無価値観を感じられない、ということは、人に対して感謝できなくなっちゃいますからね。

 

罪悪感や無価値観があるからこそ、誰かにしてもらったこと、誰かにしてあげたことに「ありがとう」という気持ちを持つことができるわけですからね。

 

楽だけど、感謝できない自分になるのか。

 

しんどいけど、人に感謝できる自分になるのか。

 

お好きなほうを、選んでくださいませ。

ページ TOPへ