カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

再婚活動をしている人のためのカウンセリング講座②

逆に、離婚後なかなかパートナーが見つからない人には、ある特徴が見受けられるように感じます。

 

それは、自己価値が低いこと。

 

そして、傷ついて、もう傷つきたくないと萎縮しているところです。

 

で、こういう人たちは、離婚後最初の恋愛が、非常に重要なんです。

 

たとえうまくいかなかったとしても、離婚後最初の恋愛がいい恋愛であれば、その後素敵なパートナーと結ばれる可能性が高くなります。

 

いい恋愛をすることで、自己価値が高くなりますし、傷も癒えますからね。

 

しかし、離婚後最初の恋愛がよくないと、より心がかたくなになってしまい、たとえ目の前にチャンスが来ても、怖くて一歩も踏み出せなくなってしまいます。

 

また、自己価値がより低くなったりしますので、さらに悪い人を引き寄せる可能性もあるわけです。

 

それならば、恋愛しないほうがいいと思っても、まあ仕方がないかもしれませんね。

 

これは、前述した離婚後すぐにパートナーができる三つ目のケースと同じなんです。

 

こうなってしまうと、再婚活動自体が、非常にリスクの高いものに感じてしまいますので、なかなか再婚活動がうまくいきません。

 

当然、このほかにも、今までの夫や妻との関係で疲れ果ててしまい、もう煩わしいのはいや、となって、再婚活動自体を遠ざけてしまうケースがあったりします。

 

再婚って、やっぱ実際の結婚生活を経験している分だけ、いろんなことが初めからわかっているんですよね。

 

で、その経験から、自分の未来にどう活かしていこうかと思うか、もう傷つきたくないと思うか、何も学ばないかによって、未来が変わってくるわけです。

 

私としては、経験から学んで、自分の未来の幸せを考えた選択をしていただきたいと思うんですけどね。

 

あと、どのような相手を選ぶのか、ということに関しても、皆さん頭を悩ませることでしょう。

 

やっぱ誰だって傷つきたくないし、同じ轍は踏みたくないわけですから、選び方も慎重になる人が多いわけです。

 

そうなると、恋愛もただ容姿や好みで選ぶのではなく、より人柄や内面を重視する傾向が強くなるかもしれません。

 

ただ、ここで相手の人柄や内面ばかり見てはいけないわけです。

 

これは、普通の恋愛でもいえることですが、相手を選ぶときの条件は、そのまま相手から選ばれる条件にもなりうる、ということなんですよね。

 

例えば、ある男性が「気立てがよくて、やさしくて、いつも笑顔で自分を支えてくれる女性がいい」と条件を出したとします。

 

では、この男性は女性に対して、「よく気がついて、やさしくて、いつも笑顔で、女性を精神的に支えられる」男性なのでしょうか?

 

もしくは、そういう女性にふさわしい男性なのでしょうか?

 

相手に条件を出すということは、自分にも条件が突きつけられているということを、忘れてはいけないわけです。

 

再婚した人の話なんかを聞きますと、やはり初婚とは違う視点がいくつもあって、より成熟したパートナーシップが求められるわけです。

 

そこで未成熟な相手をパートナーに選ぶと、同じことを繰り返すだけになり、×が一つ増えてしまう可能性だってあるわけですよ

 

そう考えてしまうと、再婚って、なんかリスクの高いものに感じてしまいがちですが、逆にお互い経験を積んで、成熟していれば、今まで以上に穏やかな、そして幸せな夫婦になることもできるわけです。

 

そのためにも、お互いが幸せになれる相手を選ぶことが、重要になってくるわけです。

 

そのためにも、どちらかが無理をしたり、我慢したり、一方的な関係にならない、対等な関係性を持てる相手が、結果論ではありますが、好ましい相手といえるかもしれません。

 

ま、好きになってしまえば、そんなことはどうでもいいんですけどね(笑)

 

これからの自分の人生、今まで苦労した分、幸せにならないと損です。

 

ぜひ、今まで以上に幸せになれる相手を探していただきたいと思います。

 

私も、まだまだ探しますよぉ(笑)

 

 

ページ TOPへ