カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/2/19 運と人柄2

さて、前の話の続きになります。

 

じゃあ私は運がいいのかどうか?

 

結論としては、運がいいほうだと思います。

 

ただし、それは本当に「運」がいいのであって、人柄がいいわけではありません(笑)

 

だからといって、愛されてないわけでもありません。

 

多くの人から愛されていますよ、私は。

 

ただ、どうもみなさんから見た私って、過大評価されてるんですよねぇ。

 

一番典型的なのが、三線教室。

 

私が初めて楽譜を見る曲があって、師範の先生に「この曲初めてです」と言ったら「ええ~っ」と驚かれてしまうわけです。

 

もうどんな曲でも演奏できると思われているみたいなんですよねぇ。

 

私が演奏できるのは、教室の定番曲、実際に発表会や演奏会で披露する曲ばかりで、結果として実用性重視の曲しかできません。

 

でも、それだけでも、全部できるように見えちゃうんですよねぇ。

 

三線以外の事柄に関しても、

 

どれだけしんどくて大変でも、中原さんなら大丈夫

 

で済んでしまいますからねぇ。

 

また、大変だからと、こちらからお願いしても、まあ皆さん嫌がるわけですよ。

 

そりゃあ、人が嫌がることを率先してやっている形になっちゃってますからねぇ。

 

派遣先で顕微鏡を見ているのも、みんなが顕微鏡をやりたがらないわけで、結果としてほとんど私一人で顕微鏡を扱うことになるわけですよね。

 

まあそれだけのスキルがあるというのも事実なのですが(笑)

 

また、頼んでも相手の事情で、結局全部自分でやることになるんですよね。

 

私にとっては「人に頼らない」ことが人生の課題になっているようですのでね。

 

自分に関しないことについてては、実際夢がかなってますし、関わった人たちはみな幸せになっていますから、自分以外、という条件でみたら、私は運がいい人間といえるのではないかと(笑)

 

最近は原点回帰ということで、できるだけ私利私欲を持たないように、意識しています。

 

そのほうが、皆さんが幸せになりますし、私のヴィジョンでもありますからね。

 

皆様がいつもまでも幸せでありますよう、心からお祈り申し上げます。

ページ TOPへ