カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/2/18 運と人柄1

プレジデントオンラインの記事に、こんなのがありました。

 

なぜ好まれる人は"いいやつ"なのか

「才能1:努力2:7」の法とは

 

まあ題名の通り、幸運に恵まれる人は運が7割で、運は人柄だ、という内容で、面白い着眼点だなぁ、と感じましたね。

 

まあ、成功する人にかかわらず、幸せな人って、人柄がいいですね。確かに。

 

みんなから愛されている、愛されキャラみたいな人もいますが、そういう人も、やっぱ人柄がみんなに愛されているんだなぁ、と感じます。

 

実際、そういう人を最近まじかで観てますしね。

 

三線教室などで、いろんな人とかかわっていますと、このあたりは如実にわかるわけですよ。

 

みんなから愛されている人は、やっぱ人柄もいいし、いつも笑っていますしね。

 

コミュニケーションがとりやすいわけです。

 

それだけでなく、積極的に人とかかわっていきますし、決して人の悪口を言ったり、人を傷つけるようなことを言ったりはしないんですよね。

 

たまにイラッとすることは言ったりしますけどね(笑)

 

ちなみに、私もどちらかといえば愛されキャラなほうではありますが、ほかの人と違って近寄りがたさがある分だけ、まあ人柄がいいとは言い切れないのでしょうなぁ。

 

三線仲間のAさんの話ですが、友人のBさんの車から荷物を降ろしているときに、うっかりBさんが車を動かしてしまい、Aさんの数十万する三線を轢いてしまったんです。

 

三線はぼっきり折れてしまいました。

 

普通はBさんに対して、怒りをぶつけてもよかったAさんですが、AさんはBさんに、まず師匠のところに連れて行ってくれと頼み、一切Bさんを責めませんでした。

 

結果、三線は無事治ったわけです。

 

Aさんは、教室でも人気者で、みんなから非常にかわいがられていて、まさに「人柄」のいい人の見本のようでした。

 

成功する、幸せになる、夢をかなえる、幸運をつかむ。

 

どれも、人とのつながりが決め手なんですよね。

 

記事には、「情けは人のためならず」についても書いてありまして、してあげたことを返してもらうことではなく、してもらうことを周りの人や次世代にしてあげることで、それが周り廻って、自分の幸せになって還ってくるとありました。

 

見返りを求めないことで、運(=人柄)をあげていくわけですね。

 

これって、私がいつもしていることですなぁ。

 

最近はここからちょっとずれていたから、私はしんどかったんでしょうねぇ。

 

自分の元の立ち位置に戻るヒントになる、いい記事でした。

ページ TOPへ