カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/2/17 ずっと感じていたこと

カウンセラーになってから、ずっと感じていたことなのですが、私自身がものすごく調子がいいときって、誰も寄り付いてこないんですよね。

 

ものすごく調子がいいわけですから、私的には「どんな問題でもどんとこいや!」くらいのやる気がみなぎっているのですが、そういう時に限って、誰も来ない(笑)

 

ニュートラルの時とか、ちょっと調子が悪い時のほうが、人が寄ってくるわけです。

 

不思議ですよねぇ。

 

怖いんですかねぇ、私のことが(笑)

 

以前、すごく調子のいい時に電話をかけてきた後輩がいたのですが、私が普通に話をしていても、後輩は「中原さん、怖い」といって泣きだしましたからね。

 

別に怒っているわけでもなかったのですが、それだけ言葉に力が乗っかってしまうみたいで、いつも通り話をしていても、何割増しかで強くなってしまうので、結果相手を怖がらせてしまうようです。

 

まあ、私の調子がいいということは、それだけ人に与える影響力が半端ないわけですから、そんなときに私に近づいたら、間違いなく変化してしまいますからね。

 

そりゃあこわいわ(笑)

 

昔からよく人に「影響力がある」とか「エネルギーが強い」とか「血が濃い(献血で言われました)」とかよく言われるのですが、自分としては普通だと思っているんですけどねぇ。

 

自分のものさしで物事を観たら、世間様とずれているのは当然ということになりますから、今回はあえて自分の物差しをわきに置いといて。

 

問題を抱える人の多くが、どうにかしたい、癒されたいと思うわけですが、できることであれば、苦労やリスクは負いたくないと思うものです。

 

時には、今まで自分が当たり前だと思っていたことを、自分で全部否定しなければいけないときもありますからね。

 

それは怖いわけですよ。

 

変かって、そんなに簡単に受け入れられるものではありませんからね。

 

たとえそれが自分にとって良い変化であったとしても、自分の予想外の、コントロールできないものであれば、こころは抵抗します。

 

まあわかりやすく言いますと、癖を直すようなものとお考えください。

 

癖って、長い間しみついてしまったものですから、すぐには治らないでしょ。

 

何度も何度も修正して、癖を徐々に直していく。

変化に対するこころの抵抗も同じで、何度も何度も、こころがなじむまで繰り返す必要があるわけです。

 

運よく一回で変化できた、なんてことを言う人がいますが、それはそこに至るまでにいろんな努力をしてきたからだと、私は感じます。

 

自分の性格をかえりみてみれば、自分が一筋縄でいく人間だと思いますか?

 

思わない人のほうが多くないですか(笑)

 

そういう人は、変化に対して抵抗しやすい人ですから、何度も何度も、こころの癖を直す作業が必要ですよ。

ページ TOPへ