カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

完璧主義について2

完璧主義の人は、結果が完璧なだけではなく、その過程も完璧でなくてはいけないと思ってしまう。

 

一流企業に就職するために努力する。

ただ就職するだけなら、仕事の内容に沿ったスキルさえあれば、どのような過程をたどっても、就職することは可能かもしれません。

 

極端に言えば、大学に行かなくてもね。

 

しかし、一流企業に就職するためには一流の大学に行って、良い成績を収めて、完璧な自分になる必要がある。

 

なんて思ってしまうと、自分を完璧にしようとしますよね。

 

結果、それだけやって希望した会社に就職できなかったら、ショックはかなり大きいわけです。

 

なぜなら、就職できなかった=失敗した=完璧でない自分

 

という構図になってしまいますからね。

 

パートナー選びに関しても同じことが言えるかもしれません。

 

私を幸せにしてくれる完璧な彼氏

 

自分の言うことをすべて受け入れてくれる完璧な彼女

 

完璧でないと、愛されない私

 

この考え方を持つ人って、将来どこかで躓きます。

 

完璧でないと愛されない、なんて思っている人は、それこそ恋愛事体から遠ざかってしまいますからね。

 

昔、誰かが言っていた言葉ですが、人は完璧になれないから、誰かを必要とし、誰かのためになりたいと思い、誰かに愛されたい、誰かを愛したいと思う。

 

人そのものが、完璧でない、不完全な存在ということかもしれませんね。

 

だから、誰かを愛したい、誰かと一緒にいたい、もっとよくなりたい、夢をかなえたいなど、様々な思いが出てくるのかもしれません。

 

完璧な人は、完璧なんだから、何も求めないわけですしね。

 

で、完璧主義の考え方に許容範囲を加える方法

 

これはいくつかあります。

 

例えば、

 

終わりよければすべてよし

 

という考え方であったり、

 

なんとかなる

 

という考え方であったりね。

 

例えば、自分が本気で愛した女性が、ほかの男性と結婚した。

 

これはつらいですよね。

 

でも、結果その女性が幸せになることができれば、それは結果として悪いことではないわけです。

 

目的がどこにあるのか。

 

自分が幸せになることに目的があるのか、誰かが幸せになることに目的がるのかによって、完璧主義の良しあしも変わってくるのかもしれませんね。

 

皆様の中の完璧主義

 

その目的は、どの方向を向いているのでしょうね。

ページ TOPへ