カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/2/4 またまた夢のお話です

またまた、夢の話です。

 

どこかに旅行をしていて、そこで偶然同窓生と出会います。

 

二人でいろいろと観光したりして、楽しい時間を過ごし、いざ帰ろうということになりました。

 

お互いが車でしたので、それぞれが車を運転し、並んで走りながら帰ります。

 

ところが、途中で道に迷ってしまい、はぐれてしまい、携帯電話すらつながらなくなってしまったんです。

 

ここで目が覚めました。

 

道に迷う、というのは、今の自分に不安や迷いがあるということ、そして、友人とはぐれるというのは、未来に対する不安がある、自分の選択に迷いがあることらしく。

 

まあその通りですよ。

 

自分でも、現状を維持したほうが、自分にとってはいいというのはよくわかります。

 

プラスにはならなくても、マイナスになることはないですからね。

 

しかし、自分が選ぼうとしている選択は、明らかにマイナスになる可能性が高いわけです。

 

その分、プラスになる可能性もありますけどね。

 

問題の根幹は、自分自身が未来の展望を描けていないこと。

 

自分がどうしたいのか、どうなりたいのか。

 

この3年、いろいろと模索しても、結局見つからずじまい。

 

本当は、見つかっているんですよ。

 

ただ、それがかなわないと思っている自分がるわけです。

 

あきらめちゃっているんですよね。

 

それもまた間違い。

 

あきらめていたら、こんなにもがいて、あがいて、どうにかしようなんて思わないですからね。

 

あきらめろと言っている自分に、あきらめたくないといっている自分がいる。

 

そして、1%の可能性もないことに、あえてチャレンジしようとしている。

 

なんで安定のほうを選択できないんでしょうねぇ、私って。

 

いいかげん半世紀も生きてきているんだから、そろそろ落ち着いたらいいのにねぇ。

 

落ち着きたい自分と、チャレンジし続けたい自分。

 

この二人の自分のせめぎあいが、今の自分の迷いの原因なのでしょうねぇ。

 

もうしばらく、二人の自分のせめぎあいが続くのでしょうね。

 

夫婦喧嘩を見ている子供の気分ですよ、ほんと(笑)

 

他人事じゃないのにねぇ。

ページ TOPへ