カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/1/28 引きこもりたい衝動

1月に入ってから、プチ引きこもりが続いております。

 

まあ、誰にも会わなくて、誰からも連絡がないだけなんですけどね(笑)

 

元々私は、時々独りになりたがるところがあって、今まさにそんなときなのかもしれません。

 

ここ2年、ずっと独りだったのにねぇ(笑)

 

引きこもりたい衝動

 

この原因は、すべて自分自身の中にあります。

 

ほとんどの場合、下記のいずれかが原因になります。

 

煩わしい・面倒くさい

 

ストレスや責任から逃げ出したい

 

怒っている

 

なかには

 

人に迷惑をかけたくない

 

かまってほしい

 

なんてのもあります。

 

大概の場合、上記の原因が複数存在しています。

 

引きこもるというのは、一つの行動の結果であり、意志表現の一つでもあります。

 

私の場合、引きこもっているときは、大概自分とがっつり向き合っている場合が多いです。

 

1月中、ずっと自分自身と対話を続けているようなものですね。

 

ただのバカです(笑)

 

で、これはコミュニケーション全般に言えることで、例えば、既読スルーや既読すらつかない、というのも、表現の一つだったりします。

 

それは本人も自覚なくやっていることだったりしますが、時には自覚や悪意があってやっていることもあるでしょう。

 

無表情も、表情の一つであるように、引きこもりも表現の一つにすぎないわけです。

 

そこから、相手の心の中にあるものをどう読み取っていくのか

 

そして、本当に伝えたいことが何なのか

 

それを感じ取ることが必要なのかもしれません。

 

ただ、私たちは超能力者ではないので、当然わからないわけです。

 

ある程度推測することはできますけどね。

 

その方法は、相手の立場に立って、相手のことを思うことができれば、おのずと推測が可能になります。

 

自分のことをばかりを考えているときは、当然ですが、相手のことなんて思っていません。

 

自分の中にある欲求や不安をすべて取り去り、本気で相手の立場になって物事を見てみると、相手の気持ちがぼんやりと見えてきます。

 

自分の思い込みで「きっとそうに違いない」とか思っている間は、相手の立場に立てていないわけですから、結果行動が相手に対して迷惑になるかもしれません。

 

相手を思いやる気持ち。

 

それは、相手の幸せを願うことであり、自分に見返りを求めないことでもあるかもしれません。

 

そんな自分でありたいと願いながらも、なかなかそうなれない自分と、今日もまた対話を続けております。

 

いつまで続くんでしょうねぇ、ほんと・・・。

 

ページ TOPへ