カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

自由の本質

今までも、コラムや講座で自由について何度かお話したことがありますが、今回も自由についてのお話です。

 

自由になる

 

一番わかりやすいのが、家を出て独り暮らしを始めること。

 

何をするのも、どう過ごすのも、すべて自分の自由にできますからね。

 

誰に何を言われることもなく、誰からも干渉されることもない。

 

まさに自由なわけです。

 

自由というのは「好きにしていい」ということではないと、以前もお話したと思います。

 

自由というのは、「すべて自分で決められること」なんですよね。

 

言い換えれば、「すべて自分で決めなければいけない」わけですよ。

 

他人の干渉がある状態を「自由」とは言いませんからね。

 

もちろん、誰かにお願いをするかどうか、選ぶことは自由です。

 

しかし、お願いしたことは、自分の自由にはならないわけでしょ。

 

自由とは、自分で決めなければいけないことと、すべてが自己責任であることが、大前提なんですよね。

 

自由がない

 

そう感じている人は、自分で決められなかったとか、誰かの責任にしている可能性があるわけです。

 

もちろん、選択と責任を誰かに奪われてしまうと、自由はなくなります。

 

これを「束縛」というのかもしれません。

 

この選択と責任を、あえて相手に差し出して、束縛されるように仕向ける、なんてやり方も、カウンセリングではありますけどね。

 

文句や愚痴、批判が多い人などは、選択と責任を放棄しているか、逃げている人といえるかもしれません。

 

本当の自由って、本当に孤独ですよ。

 

だって、誰からの干渉もないって、本当にさみしいですからね。

 

ま、今の私ですけど(笑)

 

適度な自由と、適度な束縛があって、そのバランスが取れている状態が、本当は一番いいのかもしれません。

 

パートナーシップや思春期以降の親子関係などは、この絶妙なバランスが取れているからこそ、関係がうまくいくのかもしれません。

 

このバランスが崩れたとき、人間関係で問題が起こるのかもしれませんね。

 

皆さんは、今自由ですか?

 

それとも、不自由だと感じていますか?

 

もし不自由だと感じているのであれば、選択と責任、そして自由と束縛のバランスを確認してみてくださいね。

 

ページ TOPへ